【少量から買える】家庭菜園向けの農薬の特徴

プランター家庭菜園

家庭菜園をしていると悩まされる病気や害虫。スプレー式の農薬は便利で手軽に使えますが、「それではちょっと量が足りないけど、大きいボトルの農薬は使い切れない・・・」といったお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

今回の記事では少量サイズで販売されている農薬について、その特徴についてまとめました。

スポンサーリンク

殺菌剤

トップジンM水和剤

  • 多くの作物で使用できる。
  • 病気を治す効果のほか、予防する効果もあり。
  • チューブリン重合阻害剤(FRACコード1)

GFベンレート水和剤

  • 多くの作物で使用できる。
  • 病気を治す効果のほか、予防する効果もあり。
  • 上記の「トップジンM水和剤」と同じ系統(FRACコード1)なので、連続での使用や多用は耐性菌のもとになるので避ける。

オーソサイド水和剤80

  • 多くの作物で使用できる。
  • 予防する効果が高い。
  • 耐性菌が発生するリスクが低く、使用回数も多い。
  • 作物によっては薬害がでる可能性があるので、注意事項をよく読む。
  • 多作用点阻害剤(FRACコードM4)

STダコニール1000

  • 多くの作物で使用できる。
  • 予防する効果が高い。
  • 名前のとおり1,000倍に希釈して使用することが多い。
  • 耐性菌が発生するリスクが低く、使用回数も多い。
  • 粘性が高い液体なので、計量する際はスポイトがあると便利。
  • 多作用点阻害剤(FRACコードM5)

サンボルドー

  • きゅうり、トマト、なすなどで使用できる。
  • ボルドー液(世界最古の農薬)の一種
  • 他の化学農薬とは異なり、使用回数の制限がない。
  • 農薬散布後は白く残るので、気になる方は使用を避ける。
  • 多作用点阻害剤(FRACコードM1)

カリグリーン

  • 食品や医薬品にも使用されている炭酸水素カリウムが主成分
  • 有機JAS農法でも使用できる。
  • トマトや花には使えるものの、使える作物は少ない。
  • 分類不明(FRACコードNC)

モレスタン水和剤

  • 花や野菜に使える。
  • 殺菌作用と殺虫効果を持ち合わせている。
  • 多作用点阻害剤(FRACコードM10)
目的商品名特徴FRACコード
病気を治したいトップジンM水和剤病気を治す効果のほか、予防する効果もあり1
病気を治したいGFベンレート水和剤病気を治す効果のほか、予防する効果もあり
トップジンM水和剤と同じ系統
1
病気を予防したいオーソサイド水和剤80予防効果が高い
作物よっては薬害注意
M4
農薬希釈を簡易にしたいSTダコニール1000予防効果が高いM5
回数を気にせず使用したいサンボルドー使用回数の制限がないM1
有機栽培でも病気を予防したいカリグリーン有機JAS農法でも使用できるNC(不明)
殺虫効果も欲しいモレスタン水和剤殺菌作用のほか、殺虫効果も持ち合わせているM10

殺虫剤

スミチオン乳剤

  • 多くの作物で使用できる。
  • 様々な害虫に効果がある。
  • スミチオン”水和剤”という商品もあり、使用できる作物も異なるため、購入の際は気をつける。
  • 有機リン系(1B)

マラソン乳剤

  • 多くの作物で使用できる。
  • 様々な害虫に効果がある。
  • 上記の「スミチオン乳剤」と同じ系統(FRACコード1B)なので、連続での使用や多用は抵抗性害虫のもとになるので避ける。

モスピラン液剤

  • トマト、ナス、花等に使用できる。
  • 登録害虫はアブラムシ類やヨトウムシが中心。
  • 浸透移行性があるので、薬液がかからなかった部分にも効果がある。
  • ネオニコチノイド系(IRACコード4A)

STゼンターリ顆粒水和剤

  • ”野菜類”や”果樹類”などの、大分類での登録があるため多くの作物で使用できる。
  • BTという細菌を農薬化したものであり、ヨトウガなどのチョウ目害虫に効果がある。
  • 天然由来成分の農薬であるため、有機JAS農法でも使用できる。
  • BT剤(IRACコード11A)

ダニ太郎

  • 多くの作物に使用できる。
  • ハダニ類およびサビダニ類の専用剤であるため、その他の害虫には効果がない。
  • ハダニ類は年間での発生回数が多く、抵抗性が付きやすいため、”ダニ太郎”は作1回しか使用できない(イチゴのみ2回以内)
  • 「マイトコーネ」と同じ成分(ビフェナゼート)。
  • 電子伝達系阻害剤(IRACコード20D)

バロックフロアブル

  • 多くの作物で使用できる。
  • ハダニ類およびサビダニ類の専用剤であるため、その他の害虫には効果がない。
  • 成長阻害剤(IRACコード10B)
目的商品名特徴IRACコード
色々な害虫を駆除したいスミチオン乳剤1本で多くの害虫を駆除できる。
”水和剤”もあるので、購入の際は注意
1B
色々な害虫を駆除したいマラソン乳剤1本で多くの害虫を駆除できる。1B
アブラムシを駆除したいモスピラン液剤浸透移行性があるので、薬液がかからなかった部分にも効果がある。4A
環境に優しい農薬を使いたいSTゼンターリ顆粒水和剤自然由来の農薬なので、有機JAS農法でも使用できる。11A
ハダニを駆除したいダニ太郎ハダニおよびサビダニ専用20D
ハダニを駆除したいバロックフロアブルハダニおよびサビダニ専用10B

【注意】家庭菜園でも農薬取締法を守る必要があります。

家庭菜園で自家用の野菜や果物といえども、農薬を作物に書ける場合は、農薬取締法を守る必要があります。

農薬には適用作物や使用時期、希釈倍数が定められており、商品の袋やボトルに表記されています。

それらを必ず守って、正しく農薬を使用しましょう。

農業系の大学と大学院を卒業し、10年以上農業関連の仕事をしています。
これまでの経験や知識を活かして、皆様のお役に立つ情報をご提供していきます。
家庭菜園〜本格的な農業に関すること、自分自身の家庭菜園での副業についても記事にまとめています。
技術士(農業部門)の資格保有。

ちゃんたをフォローする
プランター家庭菜園害虫対策病害対策
ちゃんたをフォローする
農ライフログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました