【100均OK】初めての家庭菜園。準備するもの3選

プランター家庭菜園

家庭菜園を始めてみたいけど、何を準備したらいいの?とお悩みの方に、この記事では家庭菜園を始めるにあたって最低限必要となるものをご紹介します。

最近は100円ショップの品揃えも良くなっており、必要なものすべてを100円で買うことができます。

スポンサーリンク

必要なもの

プランター

マンションや畑のないお家で家庭菜園をするには、プランターは必須ですよね。

基本的にはどんなプランターでも問題ありません。

100円ショップには、形や大きさが様々なものが販売されています。

家の広さやプランターを置くスペースの都合で、ちょうどいいものを選びましょう。

しいて基準を言うと、トマトやナスなどの果菜類やニンジンみたいな根菜類は、土がたくさんはいるプランターがいいかなと思います。

よりオシャレに家庭菜園を楽しみたいのであれば、ホームセンターや雑貨屋さんで好みのプランターをえらびましょう。

様々なプランターが100円で売られています。

美味しい野菜を作るには、まず「土づくり」からと、プロ農家も土にはこだわります。

とはいえ、家庭菜園であれば100円ショップで売っているような土で問題ありません。

最近は100円ショップでも、「野菜用の土」や「観葉植物の土」など、用途別に分かれていて、すぐに使える形態で販売されているので便利ですよね。

ただ、100円ショップの土は本物の土では無いことが多く、材料にはヤシガラや樹の皮を細かく砕いて、土のようにしている商品もあります。

これが悪いということではなく、とても軽量で扱いやすく、自治体によっては燃えるゴミとして処分することもできますので、面倒くさい収穫後の片付けもできる限り簡単にできるようになっています。

一方で、長く使っていると有機質分が少しづつ分解されて、徐々に減っていってしまいますので、時折追加してあげてください。

種または苗

自分が栽培してみたい作物の種や苗を選びましょう。

メジャーな作物であれば、100円ショップでも売っていますし、ホームセンターに行けば様々な種類があるのでおすすめです。

また、作物によっては種をまくより、苗を買ったほうが早く収穫できますし、失敗するリスクも減るのでおすすめです。

苗はホームセンターで買うことができます。

こちらもシーズンになるといろんな品種の苗が売られていますので、好みに合わせて選ぶのがいいと思います。

あると便利なもの

プランター受け皿

プランターの下に置く容器で、水やりをした際に、土に含みきれなかった水を受け止めます。

ベランダに置くのであれば不要ですが、屋内に置く場合はあったほうが良いです。

鉢底石

プランターの底に敷く石です。

水はけや通気性を良くする効果がありますが、無くても栽培に問題はありません。

私は全然使用していませんが、問題なく野菜は育っています。

支柱

キュウリやトマトは枝葉が伸びるので、支柱があったほうが枝葉の整理がしやすくなります。

プランターのサイズに合わせたものを準備してください。

スタンダードな支柱もあります。
柵状の支柱も売っています。

その他にもあると便利なもの

  • スコップ・・・土をプランターに入れたり、苗を植える際に使用します。
  • ジョウロ・・・水やりに使用します。
  • 軍手・・・手が汚れるのを防いだり、ハサミ作業でケガをするのを抑えます。
子ども用の軍手も豊富にあります。
細々した資材も揃えられます。

農業系の大学と大学院を卒業し、10年以上農業関連の仕事をしています。
これまでの経験や知識を活かして、皆様のお役に立つ情報をご提供していきます。
家庭菜園〜本格的な農業に関すること、自分自身の家庭菜園での副業についても記事にまとめています。
技術士(農業部門)の資格保有。

ちゃんたをフォローする
プランター家庭菜園
ちゃんたをフォローする
農ライフログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました