【家庭菜園で副業】30坪の庭に果樹棚を設置☆費用も公開

副業

こんにちは。家庭菜園を副業としている、ちゃんたです。

僕は自宅の小さい庭(30坪)で、梨とブドウを栽培することで、利益を出すことができるか、いくら利益がでるのかを、実際に試しながら検証しています。

↓の記事に、収益化までの戦略を紹介していますので、興味があればご覧ください☆

今回は、果樹栽培を始めるにあたって設置した果樹棚について紹介します。

スポンサーリンク

まずは設計を考える

空間を使える棚の設置

まずは30坪の小さな庭で、梨とブドウを栽培するにあたり、どのように棚を設計すればよいのか考えました。

一般的に、梨とブドウは平棚により栽培されています。

平棚は果樹の枝を面的に配置することで太陽光を効率良く受けることができるので、ある程度の面積があれば効果的なのですが、うちのように小さい面積では収量が確保できないのではと思いました。

そこで、空間を縦に使える方法で棚を設置することにし、梨は低樹高Y字仕立て、ブドウは垣根仕立てにしました。

設計図を作成

設計にあたっては農家さんの棚をいろいろと観察したり、ネット等で情報収集して自分なりに考えました。

そしてできた設計図はこちらです。

果樹棚の設計図
簡易的な果樹棚の設計図

少しわかりづらいですが、梨を2列、ブドウを2列植えられるような棚を設計しました。

必要な資材

資材費合計は約32,000円

設計図が完成したので、次の必要な資材を集めました。

主に近くのホームセンターで購入し、店になかったものはJAやアマゾンで注文しました。

資材と費用については、↓の表のとおりです。

商品名規格単価金額用途
単管パイプ2m×8本
1m×4本
500円/m10,000円棚の骨格
直管パイプ1.2m×4本200円/本800円梨即枝配置用
直行クランプ4個200円800円単管パイプの結合
キャップ(兜型)8個300円2,400円エクセル線展張用
テンションクランプ4個1,300円5,200円主枝ライン用
垂木止めクランプ14個170円2,380円単管パイプとエクセル線を結びつける
エクセル線100m5,000円5,000円
らせんアンカー12個300円3,600円棚を固定する
ターンバックル6個300円1,800円アンカーに結ぶワイヤーを張る


31,980円

64㎡の棚を作るのに、約32,000円となりました。

果樹ではすぐに収穫できないにも関わらず、初期投資が必要なのがちょっとネックですね。

今回の家庭菜園レベルであれば、お小遣い程度ですが、規模が大きくなるとかなり経費はかかりますね。

資材紹介(写真付き)

単管パイプ・・・こちらは果樹棚の骨格となる資材。ホームセンターで6mのものを2mにカットしてもらいました。

単管パイプ
長さの異なるパイプが販売されています。
単管パイプ
ホームセンターではパイプのカットも有料ですが行ってくれます。

直管パイプ・・・梨の即枝をY字に仕立てるためのもの。こちらも長いものをカットしてもらいました。

直行クランプ・・・・単管パイプを90度で結合させるため。

直行クランプ
単管パイプ同士を90°で連結させる。 可変式もある。

キャップ(兜型)・・・単管パイプの頭につけるもの。エクセル線(ワイヤー)を結びつける部分。

キャップ
単管パイプの頭につけるキャップ 兜型にすることでワイヤーをひっかけることができる。

テンションクランプ・・・エクセル線をピンと張るための器具。梨とブドウの主枝ラインに設置。

テンションクランプ
ラチェット式になっているため、簡単にワイヤーのテンションを高めることができます。

垂木止めクランプ・・・エクセル線をひっかける器具。テンションクランプとは対面の単管パイプに設置。

垂木止めクランプ
テンションクランプの対面の設置し、ワイヤーを固定するために使用

エクセル線・・・パイプ同士やパイプとアンカーをつなげるワイヤー。銅線を被覆処理したもの。錆びない。

エクセル線
太さによって値段が異なります。φ12を買いました。

ターンバックル・・・エクセル線をピンと張るための器具。張力を調整することが可能。

らせんアンカー・・・土中に埋め込み、エクセル線によりパイプとつなげることで、棚全体の安定性や強度を増す。↓の写真では、地面に刺さっている赤いものです。

ターンバックルとアンカー
ターンバックルを使用するとテンションを微調整できます。地際部にあるのはアンカー

実際に組み立て

準備が整ったので、設計図をもとに、いざ組み立てを開始しました!

1人で行ったため、ちょっと手こずるときは何度かありましたが、最初に設計図を書いて、頭の中でイメージをしながら組み立てたので、そんな苦労はありませんでした。

とはいえ、素人施工なので”真っ直ぐ”、”ピッタリ”といったことはないのですが、まがいなりにも形にはなったかなあと我ながら感じています。

まあ、キッチリつくるよりも果樹を作るという目的が達成できればいいので!

という感じでできたのが、↓の写真です。

果樹棚8割完成
直管パイプ設置前の写真です。
果樹棚8話完成 別アングル
エクセル線もまだ完全には貼っていませんが・・・
ブドウ列の棚
ブドウ列。一番下にテンションクランプ、その上3つは垂木止めクランプ。

使った道具

ウインチ1t用・・・エクセル線をできるだけ張るための道具です。

カムラー・・・エクセル線を噛む道具で、ウインチと一緒に使うことで線を引っ張る事ができるようになります。

ペンチ・・・エクセル線を掴んだり、もろもろ使えます。

まとめ

今回かかった費用は、全部で約32,000円でした。

作業もやろうと思えば1日でできなくは無いと思いますが、私はなんだかんだで3〜4日かけて完成させました。

このあと、梨とブドウの苗を植え付けて、いよいよ栽培開始です。(写真を撮っておらず、記事にできませんでした・・・)

引き続き、梨とブドウの生育について報告していきます!

農業系の大学と大学院を卒業し、10年以上農業関連の仕事をしています。
これまでの経験や知識を活かして、皆様のお役に立つ情報をご提供していきます。
家庭菜園〜本格的な農業に関すること、自分自身の家庭菜園での副業についても記事にまとめています。
技術士(農業部門)の資格保有。

ちゃんたをフォローする
副業果樹栽培
ちゃんたをフォローする
農ライフログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました